<   2011年 05月 ( 40 )   > この月の画像一覧

硝子戸の中

f0158043_20393313.jpg

f0158043_2039279.jpg

f0158043_20465174.jpg


夏目漱石の作品にこのタイトルの小説があります。

学生時代、漱石が大好きで読み漁った覚えがあります。

文章のきれいな作品は読んでいて、心が澄んでいく気がして・・・。

しかしながら、近年、老眼が進んで文庫本を読むのが大変です(^_^;)

というか、眼鏡なしでは何も読めません。。。

年取って根気もなくなったせいか

あんなに好きだった読書からも、すっかり遠ざかってしまいました。

老眼用の文庫本が出ればよいのにと思いながら

電子書籍のお世話になる日も近いかと思う今日この頃です。
by twinkle-keko | 2011-05-30 20:45 | 写真 | Trackback | Comments(2)

Dizzy

f0158043_22251085.jpg

ここを通る度にいつも思うことですが

この形が女性の胸に見えて、しょうがありません。。。

自分にもあったはずのものが

もはや変形し、退化してしまい、影も形もなく・・・。

身も心もオヤジになっちまった私です(^_^;)

お下劣をお許しください。。。
by twinkle-keko | 2011-05-29 22:31 | 写真 | Trackback | Comments(0)

眩暈

f0158043_10412780.jpg

思わず、ふらっとしました。

ちなみに、更年期障害の眩暈ではなく

眩しさによる立ちくらみです。

悪しからず・・・。
by twinkle-keko | 2011-05-29 10:43 | 写真 | Trackback | Comments(2)

Material

f0158043_1971981.jpg

なんか最近、妙なものに感動します。

この錆び具合がなんとも味があって。。。

好みがだんだん「じーさん」っぽくなっている気がする。

AKBに走る、うちのとーちゃんよりはマシだと思うけど。。。
by twinkle-keko | 2011-05-28 19:09 | 写真 | Trackback | Comments(6)

パラパラ漫画・・・

f0158043_1923120.jpg

f0158043_1923447.jpg

f0158043_1923913.jpg

f0158043_1924396.jpg

by twinkle-keko | 2011-05-28 19:03 | 写真 | Trackback | Comments(0)

Alone

f0158043_1724563.jpg

by twinkle-keko | 2011-05-27 17:25 | 写真 | Trackback | Comments(2)

グラデーションな季節

f0158043_2294292.jpg

by twinkle-keko | 2011-05-26 22:10 | 写真 | Trackback | Comments(0)

頭がくるくるパーになってる!

f0158043_18122878.jpg


連日巻き起こるドラマチックな出来事。

ドラマチックな出来事が日常と化している場合

一体どう自分の中でケリをつければよいのか

いささか途方に暮れている。。。

サバイバルゲームを巻き起こした同居中の義母と言い

どんどん衰弱していく実家の父と言い

よりによって、なぜふたつもの重要課題が

同時に押し寄せてくるのだろうか。。。

やっと火災から自分自身が立ち直りかけているというのに

息つく暇もないくらいにいろいろなことがやってくる。

自宅に居れば、実家が気にかかり

実家へ出かければ、自宅が気にかかり

結局どちらへ行っても結論は出ない。

考えれば考えるほどに頭がくるくるパーになっていく。

きっとなるようにしか、ならないのだろうから、せめても気分転換を図るには

こうやってボヤッキーになるよりほかないのだろうなぁ。

しかしながら、双方の親を見ていて思うことは

自分の終焉は果たしてどのようになるのだろうか、ということだ。

これから年数を経るごとに、あの世でお迎えしてくれる知り合いがどんどん増え

そういう意味ではあの世に行くのも決して怖くは無くなるのであろう。

もとより、自分の終焉よりも、明日の自分が何を考え、どういったアクションをおこしているか

そちらの方が先行課題であることは言うまでもないのであるが・・・。

パスカル言うところの「人間は考える葦である」のように生きたいものである。

・・・あ~、頭がかなりくるくるパーになっていることだけは間違いない。

重症にならぬうちになんとかせねば(笑)
by twinkle-keko | 2011-05-26 18:10 | Trackback | Comments(0)

現代おばちゃん考

もはやおばちゃんの域を超えている私が

こんなことを語るのは、少々口はばったいが

昨夜マンガを読んでいて、ふと思った。

女性を形容する言葉にはいろいろあるが

若いお姉ちゃんを形容する言葉がいかに豊富かと。

「足のきれいな」とか、「顏のかわいい」とか、「髪の長い」とか、

それはもう、溢れんばかりの形容語が出てくるではないか!

それに比べ、オバハンは総じて「おばちゃん」で片づけられてしまう。

というより、「おばちゃん」と聞けば、およそ年齢層も形相も体型も、

そして着ている洋服までが想像できてしまうところが凄い。

たとえば、職場で打ち合わせをした相手のことを尋ねたときに

その相手がほぼ私と同年齢の女性だった場合、

「どんな人だった?」と聞いた答えは、決まって

「おばちゃんだった」と返ってくる。

「おばちゃん」はすでに「おばちゃん」であることが特徴的であり

かつ、答えた相手に伝わりやすいというわけだ。

悲しいような、しかしながら、やたらパワーを感じるような。。。



気分転換に、アホなことをマンガを読みながら考えた次第である。

ちなみに昨夜読んでいたマンガは

テルマエ・ロマエという

とてもバカバカしいがめちゃくちゃおもろいマンガである。

我が家の次男も大絶賛だった。。。
by twinkle-keko | 2011-05-25 17:37 | Trackback | Comments(2)

見つめる虚空

f0158043_17504980.jpg

明日は明日の風が吹く・・・。

思い悩んだとて、何も解決しない。

時の流れに身を任せ

わが身に訪れるすべての事象を受け入れる。

サウイフモノニ ワタシハナリタイ。。。

ちょっと「宮澤賢治」、入りました。
by twinkle-keko | 2011-05-24 17:58 | 写真 | Trackback | Comments(2)

感じた儘に思った儘に・・・


by twinkle-keko
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る