暑いね!

夏のような天気。

ばてる。

一昨日の撮影実習も昼前近くになってすごく蒸し暑くなった。

あまりの暑さに途中でギブアップ。

アイスカフェラテを1杯飲んで帰った。

これでしばらくは明治村に行くこともなかろう…。

でも今年は夏のライトアップを一度撮ってみたい。

昨年、前の職場の同業者がライトアップされた明治村を撮っていて、とてもきれいだった。

今年ぜひ狙ってみたい…が、たいてい思うだけで終わりそうな気がする。

それはそうと、暑さに耐えかねて、とうとう髪を切った。

思い切ってショートヘアにした。

昨年の今頃もショートヘアだったような気がするが、まったく記憶にない。

…どうでもいいけど。

暑いね!あ・つ・い…ね!!暑さで作文力ゼロです。

f0158043_20412810.jpg

# by twinkle-keko | 2008-05-27 20:43 | 写真 | Trackback | Comments(4)

おしなべての…

明治村…

他に行くとこないんかい!

ってないし…。

ってことで、いつもながらの明治村…。

年間パスポート買ってるし…

うちから近いし…

ってことで、おしなべての明治村…。

f0158043_2174434.jpg

f0158043_2195571.jpg

f0158043_21112480.jpg

f0158043_21114518.jpg

# by twinkle-keko | 2008-05-26 21:12 | 写真 | Trackback | Comments(0)

吐息

明日からは5月の最終週が始まる。
時の経つのが早い。

ふっ~とため息がひとつ出た。

時間を大切に生きているのだろうか?
時に流されはしていないだろうか?
大切なものを見失っていないだろうか?

なんだか心の奥にいろいろな思いが重なって
吐き出したため息が少し重たく感じられた。

心のひずみを何かで埋め合わせようとしているような気がして
そんな自分をとても情けなく思ってしまう。
しっかりしてよ!と発破をかけたくなる。

時間に追われて生きていると
時間を見つめているようで実は時間を見失っている。
そこにいる自分をも忘れてしまっているよな錯覚にとらわれる。
「私はここにいる」と自分に叫んでもその声も届かない。
そして自分はここにいるのに自分を懸命に探している。

自分自身を右から見たり左から見たり
上から見たり下から見たり…。
あらゆる方向から自分を見ようとするけれど
少しも見えてこないのはなぜなのだろう…?

地に足をつけて歩かねば、と思っているのに。

f0158043_20505225.jpg

# by twinkle-keko | 2008-05-25 20:52 | Trackback | Comments(2)

そぼ降る雨に…

午前中は曇天の空模様だったが午後からはしとしと雨が降り出した。
明日は写真教室の撮影実習というのに、この雨はいつまで降り続くのだろうか。
ここ数日、かなり暑かったけれど今日はややもすると肌寒いくらいの気温だった。
朝出かける時に一枚羽織りものをしておいてよかった…と出先で実感した。

雨の降っているさまを表現する言葉にはいろいろなものがあるが
私は、この「そぼ降る」という言葉がとても好きだ。
「しとしと」と表現するよりもずっと情緒があって雰囲気を感じられる。

今の職場にいると、なぜだか今まであまり耳にしなかった日本語の言葉を聞くことができる。
それは職場の周りの人たちが職業柄、日本語に精通している人が多いからかもしれない。
無駄のない会話や説明が見事で、一つ余分に言葉を知っているだけで回りくどい説明が
不要だということを再認識している。

たとえば一つの情景を言葉で言い表す時に、どんな言葉を選ぶとその情景が
頭にありありと浮かぶのだろうかと考える。
そんな言葉遊びが、最近、妙に楽しく感じるのはブログに記事を投稿しているからだろうか。

中学生のころ石坂洋次郎の小説が大好きで読み漁っていたことがあった。
どの話の中に出てきたかの記憶は定かではないが
ラッシュ時の電車が駅に停車してその電車から人が降りてくる様を
「人が吐き出されて…」と表現してあったことに、当時の私はいたく感動した覚えがある。
「多くの人が降りてきた」と表現しないところが、さすが小説家だよな…と思った。
小説は作文の偉大なる先生のような気がする。
そして作文はなによりの「言葉遊び」だと思っている。

人生を終えるまでに、あといくつ言葉を知ることができるのだろうか。
偉大なる作文の先生にもっともっとご教授願いたい。

f0158043_207643.jpg

# by twinkle-keko | 2008-05-24 20:10 | Trackback | Comments(0)

パソコン…

いまやどんな仕事もパソコンなしではできない。
私の職場も、一人一台のパソコンが与えられていて
どの人もみんなディスプレイとにらめっこしている。

おのずとパソコンに向かってしゃべってしまう。
「え~!なんでぇ。」「ちょっと待って」「そうなんだよなぁ」etc.…
しかも一人二人でなく、多くの人が結構ひとりごちている。
客観的にみると、かなり笑える。

でもだんだん自分もその色に染まりつつあってヤバい。
確かに最近独り言が多くなったよなぁ。
しかも近頃は「一人ボケ突っ込み」やっちゃうのでますますヤバい。
「ちゃいまんがな」「どないやねん」「ええかげんにしなっさぁい!」etc.…
もともと素養はあったんだけどね。

まだパソコンを始めて10年にもならないのに、パソコンがなくてはならない生活に
なってしまっていること自体、由々しき問題かもしれない。
だって停電になったらおしまいじゃん!

少しはアナログな生活も見直して、文を書くにもペンと紙でつづらなくちゃぁねぇ。
ブログばっかやってる場合じゃないぞ。…でもおもしろくてやめられない!

来週は、私は読書週間に入るつもり。
今週末、たっぷりと本を買い込んで、活字中毒になろうと思う。
久しぶりに読みたい本が見つかったので、また本屋に入り浸りかもしれぬ。
パソコンの画面の活字ばかり追いかけているとだめだよね!
読書して脳みそに栄養を!

f0158043_21113188.jpg

# by twinkle-keko | 2008-05-23 21:14 | Trackback | Comments(2)

レトロ

髪が伸びてきた。
ここ数年、ずっとストレートのワンレングスボブスタイルだったのに
昨年11月に突如心境の変化ありでクルクルパー…じゃなくてぇ
クルクルパーマヘアーに変えた。
実はずっと以前からこのクルクルヘアーに憧れていた。

前々職の先輩にこのクルクルヘアーの人がいて、いいなぁと思っていた。
でも髪を染めているので、この上パーマをあてると、きっと髪が傷むと思って諦めていたのだが
やっぱりどうしてもクルクルヘアーにしたくて、昨年の11月にパーマをかけた。
意外に周りからは好評だった(と思う…)のでお調子に乗ってずっとクルクルヘアーをしている。

ところがここ1~2週間ほど、鏡を見るたびに「なんかレトロ…」な
スタイルになっていることに気がついた。
それは、とりもなおさず、パーマがとれてきたからだ。
もちろん、朝、起きると相も変わらず「葉加瀬太郎」的スタイルなのだが
ウェットしてムースをつけると何やら大正・昭和初期の香りのする
スタイルになっているではないか。

いかん!

大体、私の顔は超日本人的な顔で、つまり彫りの浅いのっぺりした顔立ちのため
ただでさえレトロな雰囲気。
中学生の時に学校の先生に「君は平安美人やね。」と言われたことがある。
これは褒め言葉でもなんでもなく、つまり彫が浅く目が垂れているということなのだ。
「美人」などという紛らわしい言葉をつけずにはっきりそう言えばいいものを
かえって傷ついた覚えがある。

最近はテレビドラマの「ラストフレンズ」を見ていて
上野樹里ちゃんのヘアースタイルに憧れている。
この前美容院に行った時に、そのことを言ったら
「いやぁ、若さが足らんから似合わんよ。」と言われてしまった。余計な御世話だ!

そう言われるとなおさら、あのヘアースタイルにしたくてしょうがない。
娘に「おかんはいつも突拍子もないことを言い出すねぇ。歳を考えろっちゅうに!」
と叱られた。

やっぱ、そうか…。
「天命を知る」歳も近づいているのだから、もう少しまともな選択をしろということか。
でも、まぁ、ふざけた中年もいいじゃあござんせんか、ね!

髪が葉加瀬太郎状態のとき、Darlingにいつも「その髪型なんとかせい!」と言われるので
何とかしようとは思っているが、Nextのスタイル構想が決まらないため美容院にも行けぬ。
(最近、ルー大柴のようになってきている…)
デブな平安美人にも似合う髪型、どこかにありませんかぁ~。

f0158043_21174826.jpg

# by twinkle-keko | 2008-05-22 21:21 | Trackback | Comments(2)

やや回復…

昨夜から今朝にかけても体調はすぐれず、昨夜などあまりのしんどさに変な夢を見た。
夢の中で、テレビ番組の「筋肉番付」のように超過酷な運動をして疲れの頂点に達した時に
ふと目が覚めて、でも夢を見ていただけなのに体が信じられないくらい疲れていた。
昨夜はそんな夢を何度となく見ては目が覚めて…の繰り返しで、朝の目覚めは最悪だった。

昨日の朝同様、通勤電車の吊革に両手首をぶら下げて立ったままの姿勢でうつらうつら…。
下車する3つ前の駅で、私の前に座っていた人が降りていったので座席をget!
またまた座ってうたた寝。

ところが職場について仕事を始めた途端になぜか体調がやや回復!
気持のせいなのか、アリナミンEXが効いてきたのか、わからないが
朝からよその部署に書類を届けなければならず、学内の緑を眺めながら
ゆっくり歩いていると、なんだか気持が上向きに転じた。
午前中はTo Do workがあったのでそれをこなしていたらあっという間にお昼。

今日の昼は、新入職員の歓迎昼食会で学内の建物の
11Fにあるラウンジで課内の皆さんと会食をした。
例によって館長兼任の教授からとてもいいお話が聞けてHad a good timeだった。

帰宅後やや疲れはあったのものの、一昨日昨日のようなことはなく
とりあえずの嵐は遠のいたかな…。
これから何度こんな思いをするのだろうか、と思うと気が重くなるが
しばらくはそう言った症状とも仲良くお付き合いしなければどうしょうもない。
唯一救われるのは、仕事が楽しいことだろうか。
職場に行くと疲れを忘れて仕事をしているので、きっと今の仕事が自分に合っているのだろう。
今の気持ちを忘れないで、ここの職場を大切にしたいと思う。

f0158043_2125214.jpg

# by twinkle-keko | 2008-05-21 21:26 | Trackback | Comments(0)

昨夜はお疲れの巻

昨夜はめずらしく夕飯の片づけが終わったところでダウンした。
どうにも立っていられなくなり横になったところでそのまま眠ってしまった。
別に寝不足だったというわけでもないのに、やはり更○期の症状かな。
今朝もまだ何となく体調がすぐれず寝起きも悪かった。
体にエンジンがかからず、覚醒から起動までにとても時間がかかった。
こんなことで仕事を休むわけにもいかずとりあえず気力だけで朝の支度を乗り切った。
顔色もさえず化粧ののりも悪い。そんな訳で気分も最悪…。

重い足を引きずりながら駅へと向かう。
こんな日に限って名駅まで立ちっぱなし。
二つの吊革にほぼ全体重をかけてぶら下がりながら電車に揺られていた。

仕事はデスクワークなので体力的には何とかなるというものの
今日は脳みそも停滞気味で、とあるマニュアルをWordで作成していたが
ちっともいいアイディアが浮かばず、ただひたすらディスプレイとにらめっこしていた。
たいていは一晩眠れば回復するのに、今日はまだ何となく体がだるい。
アリナミンEXの力を借りて今週を乗り切らなければなるまい。

明日は職場の5月入社の人たちの歓迎会。
ここの歓迎会は昼に行われる。
飲み会だとこの体調ではちょっときついが昼食会なので助かる。
今日よりは少しは元気になれるだろうか。

まったくもって厄介な年頃になったものだ。
少しずつ少しずつ坂を下っているような気がして
そのうちその坂を突っ走って下っていきそうだ。
本当に久しぶりに気分がマイナーだ。
今夜はビールを1本飲んで寝るかぁ!

f0158043_20165885.jpg

# by twinkle-keko | 2008-05-20 20:18 | Trackback | Comments(6)

みどり芳しく…

そぼ降る雨も、緑が背景だとなぜか気持が軽やかである。
青空の下の緑もいいが雨の新緑も清々しい。

仕事帰りの道はしとしとと雨が降っていた。
雨降りは嫌いだけれど、今日の雨は緑が芳しかったので許せた。
駅までの道のりを足早に歩く。
でも私の瞳にはたくさんの緑が溢れていた。

深呼吸をすると緑の濡れた匂いがして心がやさしく揺すぶられる。
緑の香りは一瞬、私を遠い過去に連れて行ってくれる。
まるでタイムスリップしたかのような感覚。
それは恋しい人に会いたい気持ち?
それとも懐かしい何かを探している気持ち?
忘れてしまった思いを緑の香りが思い起こさせてくれる。
そして心を温かにしてくれる。

10年、20年後の私が、今の私を温かい懐かしさで包み込めるように
今を精いっぱい生きていきたい。
自分に嘘をつくことなく、自分を大切にして…。

                    天空を仰ぐとそこには緑が…
f0158043_20592221.jpg

# by twinkle-keko | 2008-05-19 21:19 | Trackback | Comments(0)

下へ下へと…

徳田秋声の「縮図」にある一説ではないが
「目にみえぬ年波が一年々々若さを奪って行くことにも気づくのであった」日々を実感している。
いつの間にこれほど年を重ねてしまったのだろうか。
もちろん私の周りの大先輩方々に言わせれば「何を言っとる、ひよっこが!」となるのだろうが
職場に行くと全然ひよっこではありましぇ~ん!
ほぼ人生の折り返し地点を通過して、そろそろ「不惑」の年も終わりに近づき
次なるは「知天命」の年に入ろうかというのに、ひよっこでは困りますぅ…!

夕飯の食材が足らず、近所のスーパーまで買い物に行った時に歩きながら考えた。
寄る年波には勝てないことはよく分かっている。
が、しかし、地球の重力よ、どうぞ私の体のすべてを持っていくのはやめてくれ。
最近とみに体のいくつかの部分が、どうも重力に余分に引っ張られているような気がしてならない。
太陽よ、あなたに慈悲があるならばすべてを地球の重力に委ねずに
どうぞ私の希望する部分だけはあなたの方へ引っ張ってください!

それで何とかシャープな体を作ろうと、思いつきで子どもたちに
「もう一度ダンスをやってみようかと思うの。それもストリート系のやつ。」
と提案したところ、一瞬の沈黙ののち娘が大きなため息とともに
「あのねぇ、体を動かすのはいいことなんだけれどなんか他に方法があるでしょ!」
と言い、続いて次男が
「お母さん、足を上にグイッと上げた瞬間に腰がグキッとなって救急車呼ばれるよ。」と言った。
私も見くびられたものだ。
これでも昔は宝塚音楽学校を目指してバレエのレッスンに励んでいたんだぞ!
って誰も見てないし知らないし…。っていうか、そんなことを匂わす雰囲気もないし。
この体型じゃねぇ…、無理もないが。

仕事帰りに構内でダンスサークルの子たちがいつも楽しそうにストリートダンスを練習している。
いいなぁ、私もやりたぁ~い。EXILEみたいに踊りたぁ~い。そう思いながら横目で見て帰ってくる。
娘には「絶対無理!」と言いきられている。
どこかにありませんか?ミセス向けのストリートダンスを教えてくれるところ。
マジです、私!(冗談は顔だけにしてくれぇ!)

ちなみに今夜は飲んでません。昨夜は飲んだけど、ビール。
まずはそれを自粛するところからスタートしなければなるまい。

明日からまた一週間がんばりまっせ、仕事。

f0158043_21283155.jpg

# by twinkle-keko | 2008-05-18 21:43 | Trackback | Comments(0)

感じた儘に思った儘に・・・


by twinkle-keko
プロフィールを見る
画像一覧